Tag: RTX1200

RTX1200/RTX1100間でIP-VPN

Posted by on 5月 19, 2009

RTX1200/RTX1100はIP-VPN回線を使うことができます。先般IP-VPN回線でのイントラネット開通を行いました。通信事業者はKDDIです。

RTX1200-IP-VPN

利用したKDDIのIP-VPN網の場合は、ヤマハのホームページの事例の設定とは異なります。IP-VPNの良さは単一の通信事業者に閉じたネットワークなので、障害の少ないネットワークを構成することができます。

また「通信事業者の網」なので、応答時間の予測がつきます。今回の設定は東京都内ルーター間対向で5msec台で安定して推移し、回線越しとしては極めて安定した通信です。

IP-VPNで組むネットワークは、ルーター側で暗号処理をする必要がないことも特徴です。そのためルーターの負荷も低く抑えられます。

今回のIP-VPNの開通は現地設定以前に作成した設定のままで、問題なく接続ができました。実は開通済みの対向ルーターの接続設定を見ること以外は、回線事業者様が提供する接続要件をエンドユーザー様から一切提示していただけないという変則的状況でした。そういう中で無事開通でき、別途紹介しますがIP-VPNの障害時にはインターネットVPNへの自動迂回も予定通り実装しています。

自動迂回を実現するために対向ルーターの設定も調整しました。

RTX1200とEMobile D02HWでネット接続

Posted by on 3月 28, 2009

RTX1200にEMobileのD02HWを接続してインターネットにつなぐことができました。docomo FOMAハイスピードL-02Aと同様に問題なくつながりました。
RTX1200-EMobile
概ね docomo FOMAハイスピードL-02Aと同じ振る舞いですが、EMobileの方がFOMAハイスピードより、回線接続に要する時間が短いようです。このような携帯系高速通信が普及により、何処でも安定したルーターを使うことができます。詳細は追って公開します。

RTX1200のFOMA L-02A接続ログ

Posted by on 3月 19, 2009

ヤマハルーターRTX1200とdocomo FOMA L-02Aの接続の様子です。

ヤマハRT1200とdocomo FOMA L-02A

実際に接続したときのログは以下の通り(一部伏せ字)です。

■接続時

2009/03/18 07:33:00: PP[01] IP Commencing:
2009/03/18 07:33:00: PP[01] IP Commencing: ICMP 192.168.100.1 > 202.xxx.yy.zz :
echo request
2009/03/18 07:33:00: PP[01] Calling mopera.flat.foma.ne.jp with usb1
2009/03/18 07:33:00: [MOBILE] Signal Strength (0-3): 3 (usb1)
2009/03/18 07:33:00: USB[1] SEND [ATD*99***4#]
2009/03/18 07:33:03: USB[1] RECV [CONNECT 7200000]
2009/03/18 07:33:03: USB[1] Connected 7200000 bps
2009/03/18 07:33:06: PP[01] PPP/IPCP up  (Local: 220.xx.yy.zz, Remote: 219.zz.yy.xx)
2009/03/18 07:33:06: PP[01] Local  PP IP address 220.xx.yy.zz
2009/03/18 07:33:06: PP[01] Remote PP IP address 219.zz.yy.xx

■ 切断時

2009/03/18 07:35:40: USB[1] SEND SIGNAL [DTR=OFF]
2009/03/18 07:35:42: USB[1] RECV [NO CARRIER]
2009/03/18 07:35:42: USB[1] SEND [ATH]
2009/03/18 07:35:42: PP[01] Disconnected, cause [Data transaction timer (SEND) expired]
2009/03/18 07:35:42: [MOBILE] Signal Strength (0-3): 3 (usb1)


			

RTX1200+FOMAハイスピードの通信速度

Posted by on 3月 12, 2009

ヤマハRTX1200+FOMAハイスピードでのインターネット速度です。

初期の条件の良いADSL並みの速さが、今は携帯で実現します。

この記事は、上記速度を測定した

  • Eee PC S101
    • RTX1200に有線LAN100Mbps接続

で投稿しました。

RTX1200の工場出荷設定でのシステム状態

Posted by on 3月 12, 2009

RTX1200工場出荷設定で起動した直後のシステムの状態です。

> show environment
RTX1200 BootROM Ver.1.00
RTX1200 Rev.10.01.08 (Thu Dec 18 15:40:26 2008)
main: RTX1200 ver=b0 serial=D26001023
MAC Address=00:a0:de:36:d1:28
MAC Address=00:a0:de:36:d1:29
MAC Address=00:a0:de:36:d1:2a
CPU: 0%(5sec) 0%(1min) 0%(5min) メモリ: 16% used
実行中ファームウェア: exec0 実行中設定ファイル: config0
デフォルトファームウェア: exec0 デフォルト設定ファイル: config0
起動時刻: 2009/03/12 15:33:45 +09:00
現在の時刻: 2009/03/12 15:37:08 +09:00
起動からの経過時間: 0日 00:03:23
セキュリティクラス レベル: 1, タイプ: ON, TELNET: OFF
筐体内温度(℃): 21
>

出先も事務所

Posted by on 3月 10, 2009

匠技術研究所では「出先も事務所」を実現します。

  • 業務効率を改善したい
    • 移動中の電車で会社のメールを確認、返信。
    • 訪問待ち合わせ時間に会社のメールを確認、返信。
    • 最新の在庫状況を確認したい。
    • 細切れの時間を有効活用したい。
  • 在宅勤務を有効活用したい
    • 在宅勤務者専用の業務パソコンを会社に接続したい
    • 在宅勤務者が会社と同じように勤務できるようにしたい

匠技術研究所では、この両方を実現し、実際に使っています。会社の経費節減の切り札は「出先を事務所化=細切れの時間を最新情報で有効活用」すること、「在宅勤務社宅を事務所化=在宅勤務を積極・有効活用」することです。

小規模事業者だからこそ「出先も事務所」で最新の情報を活用し、業務の効率を上げて競争力を高めましょう!

「出先も事務所」のお問い合わせはこちらから

ヤマハRTX1200の初期IP

Posted by on 2月 11, 2009

RTX1200と携帯電話接続

ヤマハRTX1200はRT58iと同じ初期IPがLAN1に設定されています。RT58iと同様にDHCPサーバーも稼動しており、パソコンとLAN1をDHCP接続すれば、設定をはじめることができます。

これまでのRTXシリーズは初期IPを持たなかったので、工場出荷状態で既存LANに接続しても影響はありませんが、RTX1200やRT58iでは「既存LANに合わせて設定してからLAN1接続」する必要があります。既存LANではIPアドレスの設定と、必ずDHCPサーバーを外すことをお忘れなく。

■RTX1200のLA1の初期設定値

# RTX1200 Rev.10.01.08 (Thu Dec 18 15:40:26 2008)
# Memory 128Mbytes, 3LAN, 1BRI
ip lan1 address 192.168.100.1/24
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

確認コード CAPTCHA を使うには Really Simple CAPTCHA プラグインのインストールが必要です。

RTX1200でのEMobile D02HW

Posted by on 1月 22, 2009

RTX1200-EMobile

RTX1200にEMobile D02HWをつないで見ました。

> show status usbhost ?
入力形式: show status usbhost
説明: USBホスト機能の動作状態を表示します
このコマンドの後に’modem’を続けると別のコマンドになります
> show status usbhost
ホストコントローラ:     動作中

usb1
給電:                   ON
接続中のデバイス:       接続されていません
> show status usbhost modem ?
入力形式: show status usbhost modem
説明: USB接続されたモデムの通信状態を表示します
> show status usbhost modem
通信状態:           FOMAが接続されていません
FCSエラー:          0
送信数:             0 byte
受信数:             0 byte
着信回数:           0
最近の接続
[着信]
電話番号:
時間:           —-/–/– –:–:–
インタフェース: usb1
>

# execute at-command usb1 ?
入力形式: execute at-command インタフェース コマンド
インタフェース = ‘usb1’, コマンド = ATコマンド(例: ATE1)
説明: 指定したモバイルインタフェースに対してATコマンドを実行します
# execute at-command usb1 at
SEND [at]
Failed
#

となり、 認識できません。USB接続したEMobile D02HW側は「青色点滅」で電波が届いていることを示しています。

Modemに見えればATコマンドの打ちようもあるのですが、それ以前なので残念です。
同じEMobile D02HWを使いLinuxでは接続することができました。これはちゃんと発信できます。LinuxにはUSB経由のモデムとして認識されますが、RTX1200にはそう見えません。RTX1200のUSBポートがUSBハブ経由のモデム接続を認識できないようです。

この件はしばらく休戦です。

RTX1200の次世代ネットワーク対応概要

Posted by on 1月 5, 2009

ヤマハRTX1200は2008年10月に発売開始されました。その次世代ネットワークへの対応を解説します。

■docomoの高速携帯端末で通信するRTX1200

RTX1200と携帯電話接続

1)全ポートギガビット対応

RTX1200のLANポートは全ポートギガビット対応です。既に提供が始まったギガビットでのインターネットアクセスに対応できます。分散した事務所のネットワークを集約する本社やデータセンターのVPNルーターとして使えるほか、事務所ではLAN側8ポートのコアスイッチとして使えます。

2)IPv6対応

ヤマハルーターは基本機能としてIPv6対応しています。NTTが推進する次世代ネットワークNGNへの接続もできます。間違いなく着実にインターネット接続のIPv6化は進みます。

3)USB高速携帯通信対応

USBポートに高速携帯端末を接続することができます。ブロードバンド回線の設置ができないところ、一時的設置ですむところ等でも携帯電話網でつなぐことができます。また、バックアップに携帯回線を使うこともできます。

このUSBでの高速通信機能は、将来的にはUSB経由でまだ実現されていない多様な通信方法に対応できる可能性が高く、インターネット接続の多様化、特に高速携帯系、さらにWiMAXなど新しい無線通信系に柔軟に対応ができる可能性があります。

以上のように、これまでのRTx1000,RTX1100に続き法人用インターネットアクセスルータとして安心して使うことができます。次世代のネットワークへの変化に柔軟に対応でき、通信の仕組みが変わっていく中でも安心の選択肢です。

株式会社匠技術研究所

 

谷山 亮治