Tag: RTX1100

RTX1200/RTX1100間でIP-VPN

Posted by on May 19, 2009

RTX1200/RTX1100はIP-VPN回線を使うことができます。先般IP-VPN回線でのイントラネット開通を行いました。通信事業者はKDDIです。

RTX1200-IP-VPN

利用したKDDIのIP-VPN網の場合は、ヤマハのホームページの事例の設定とは異なります。IP-VPNの良さは単一の通信事業者に閉じたネットワークなので、障害の少ないネットワークを構成することができます。

また「通信事業者の網」なので、応答時間の予測がつきます。今回の設定は東京都内ルーター間対向で5msec台で安定して推移し、回線越しとしては極めて安定した通信です。

IP-VPNで組むネットワークは、ルーター側で暗号処理をする必要がないことも特徴です。そのためルーターの負荷も低く抑えられます。

今回のIP-VPNの開通は現地設定以前に作成した設定のままで、問題なく接続ができました。実は開通済みの対向ルーターの接続設定を見ること以外は、回線事業者様が提供する接続要件をエンドユーザー様から一切提示していただけないという変則的状況でした。そういう中で無事開通でき、別途紹介しますがIP-VPNの障害時にはインターネットVPNへの自動迂回も予定通り実装しています。

自動迂回を実現するために対向ルーターの設定も調整しました。

RTX1200の次世代ネットワーク対応概要

Posted by on January 5, 2009

ヤマハRTX1200は2008年10月に発売開始されました。その次世代ネットワークへの対応を解説します。

■docomoの高速携帯端末で通信するRTX1200

RTX1200と携帯電話接続

1)全ポートギガビット対応

RTX1200のLANポートは全ポートギガビット対応です。既に提供が始まったギガビットでのインターネットアクセスに対応できます。分散した事務所のネットワークを集約する本社やデータセンターのVPNルーターとして使えるほか、事務所ではLAN側8ポートのコアスイッチとして使えます。

2)IPv6対応

ヤマハルーターは基本機能としてIPv6対応しています。NTTが推進する次世代ネットワークNGNへの接続もできます。間違いなく着実にインターネット接続のIPv6化は進みます。

3)USB高速携帯通信対応

USBポートに高速携帯端末を接続することができます。ブロードバンド回線の設置ができないところ、一時的設置ですむところ等でも携帯電話網でつなぐことができます。また、バックアップに携帯回線を使うこともできます。

このUSBでの高速通信機能は、将来的にはUSB経由でまだ実現されていない多様な通信方法に対応できる可能性が高く、インターネット接続の多様化、特に高速携帯系、さらにWiMAXなど新しい無線通信系に柔軟に対応ができる可能性があります。

以上のように、これまでのRTx1000,RTX1100に続き法人用インターネットアクセスルータとして安心して使うことができます。次世代のネットワークへの変化に柔軟に対応でき、通信の仕組みが変わっていく中でも安心の選択肢です。

株式会社匠技術研究所

 

谷山 亮治