Tag: ルーター

RTX1200とEMobile D02HWでネット接続

Posted by on March 28, 2009

RTX1200にEMobileのD02HWを接続してインターネットにつなぐことができました。docomo FOMAハイスピードL-02Aと同様に問題なくつながりました。
RTX1200-EMobile
概ね docomo FOMAハイスピードL-02Aと同じ振る舞いですが、EMobileの方がFOMAハイスピードより、回線接続に要する時間が短いようです。このような携帯系高速通信が普及により、何処でも安定したルーターを使うことができます。詳細は追って公開します。

匠のヤマハルーターセミナー

Posted by on February 14, 2009

 匠技術研究所では、ヤマハルーターの技術セミナーを開催しています。ヤマハルーターの技術セミナーを実施しているところは少なく、弊社の他は発売元の住商情報システムが実施しています。

住商情報システムの技術セミナーの源流はヤマハルータービジネス立ち上げ期にできました。住商情報システムと弊社のセミナーの根本的な違いは、ルータを販売する側からの目か、ネットワークを使う側からの目かの違いで、補完関係にあります。今後は、ユーザー様にとって良いセミナーとなるよう住商情報との連携を深めて行きます。

ヤマハルーターは技術情報を公開することを前提としています。発売開始から「設定例集」が添付・公開されており、設定例を解説つきで知ることができます。また、ヤマハはrtpro.yamaha.co.jpを通じて豊富な技術情報を提供しています。メーカーが積極的な情報公開をしていることに加え、rt100i-usersという、メーリングリストでのルーター利用者間のコミュニティベースの情報交換の場が充実しています。このような背景から、技術セミナーに頼ることなく豊富な情報を入手可能です。

ヤマハルーターシステム管理関連図

1995年発売当初のヤマハのルーターは「7行設定」を標榜し「簡単に設定できるルーター」が売りでした。その後、日本のネットワークの実情にあった機能追加を積極的におこない、IPマスカレード、回線バックアップ、IPsec VPNを低価格なルーターの中でいち早く対応し、普及の大きな要因となりました。

今のヤマハルーターは、もはや「7行設定」では使うことができません。多機能になりコマンドの数も驚くほど増えています。

多機能化は設定の多様化につながっており、同じことを実現する方法が複数あります。ところが、ルーターの利用者はどの実現方法が自社のネットワークに適しているかを知ることは困難です。各ユーザや、システムの販社が、ルータの設定に関し、複数の選択肢を実践的に評価し、最適な解を選択することは考えられません。

一方、簡明なネットワーク設計と、ヤマハルーターの機能との組み合わせで、ほとんどの企業のネットワークを構築できます。近年は一般の企業のみならず、医療画像伝送のネットワーク、病院のネットワーク等も構築しています。

このようなネットワークを構築するときは、典型的な設定例と、ルーターのコマンドを知っているだけでは不十分です。ネットワークの設計フェイズでは、アプリの動きからネットワークへの要求事項、機能、性能を判断する必要があります。

弊社はTCP/IPを使ったソフトウエアの開発も行います。体制も小さいので、アプリケーションからの要求事項をネットワーク設計に反映することが容易です。

その為、ヤマハの設定例集と同じネットワークでも、設定例集とは異なる設定を行うことが多々あります。様々なネットワーク構築の経験を基に、設定の最適化を行うからです。

匠技術研究所のセミナーは、単にヤマハルータを知っているから、売ってるから実施するのではありません。 企業のアプリケーション・ネットワークを構築するときに必要な事柄をどのようにネットワークに反映するのかを考え、回線を選び、通信機器を選択し、実装、運用すれば良いのかをお客様と共に考える場にしたいと考えています。

株式会社匠技術研究所

2009年2月13日

谷山 亮治